アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

薬による対処法

  • HOME »
  • 薬による対処法

薬(化学療法)による対処法

アトピー性皮膚炎治療ガイドラインなるものがありますが、実際アトピーを患っている患者にとっては病院で受ける治療や説明そのものが半信半疑で、「薬を塗って何故治らないの?」の疑問はあとにも先にもついて回ります。
「アトピーは薬では治らない」という事実をどの時点で知るか、どういった経緯でそれを知るかが患者にとってはとても重要であり、アトピー治療のガイドライン第一章に掲げるべきテーマではないかと思います。

 
ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎に限らず、皮膚が痒い、かぶれた、蕁麻疹が出たなどで皮膚科へ行くと、炎症を伴う湿疹の場合はまずステロイド外用薬が処方されるといっても過言ではありません。

ステロイド外用薬を詳しく読む

ステロイド内服薬

ステロイド外用薬の他に、ステロイドの内服や注射を処方される事も少なくありません。外用薬に比べメリットもデメリットも大きいので注意が必要です。

ステロイド内服薬を詳しく読む

ステロイド注射

アトピーは簡単にランク付けできるものではありませんが、じゅくじゅく期などを含め重度と診断できる状態の時、稀にステロイドの注射を処方される場合があります。

ステロイド注射を詳しく読む

プロトピック軟膏

外用薬治療として、ステロイドよりも後発に処方されたのがプロトピック軟膏です。プロトピック軟膏とは免疫反応を抑える薬で、皮膚の赤みや腫れを抑える効果を期待できます。

プロトピック軟膏を詳しく読む

ネオーラル(シクロスポリン)

シクロスポリンとは、異常な免疫反応を抑える薬です。

ネオーラル(シクロスポリン)を詳しく読む

抗アレルギー剤

アトピーで病院を受診すると、湿疹の程度によって内服薬が処方される事があります。

抗アレルギー剤を詳しく読む

睡眠導入剤

俗に言う睡眠薬ですが、時としてアトピー患者が睡眠導入剤を服用する場合もあります。

睡眠導入剤を詳しく読む

L-システィン

「ハイチオール」 で知名度が高いですが、このハイチオールの成分が L-システイン というアミノ酸です。L-システイン には代謝を促進する働きがあります。

L-システィンを詳しく読む

鎮痒剤(ちんようざい)

オイラックス、ラナケイン、新レスタミンコーワ軟膏。医師はこれらの薬をアトピー患者には処方しません。何故なら炎症を伴った軟弱な皮膚には刺激が強いからです。

鎮痒剤(ちんようざい)を詳しく読む

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.