アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

お風呂上りに痒くなる入浴アトピー対策

  • HOME »
  • お風呂上りに痒くなる入浴アトピー対策

お風呂上りに痒くなる入浴アトピー対策

アトピーには時期によって入浴が向いている時期、そうでない時期というのがあります。

乾燥時期以降が入浴に向いている時期だと思いますが、人それぞれ症状に差があるので「どの時点が一番良い」というのは一概に言えません。
一言で「入浴」と言っても、湯船に入る、洗う、お風呂上り、で対策は変わってきますし、アトピーの時期によっても対策は変わってきます。

関連ページ:温泉療法

入浴の効果

アトピー患部を清潔にする = 皮膚代謝を防ぐものを取り除く

汁が出る時期であれば浸出液(汁)が乾いて固まっているのでそれを落とします。
オイルなどを使っている場合は意外と汚れがついているので、石鹸を使って手で洗い落とします。

体を温める = 体が温まると免疫力が高まります

特に保温効果が高い入浴剤などは入れなくてもいいです。
お湯の温度や入浴の時間なども自分の好みで調節して下さい。
「ぬるいお湯で半身浴」というのはアトピーには向きません。
何故ならぬるいお湯は痒みを誘発しますし、半身浴は顔、肩、胸などにかいた汗が湿疹の悪化をまねきます。

デトックス = 汗によって老廃物の排泄を促進させます

アトピーは汗によるデトックスが下手です。
皮膚代謝も落ちてますし、皮膚による温度調整がままならないほど毛穴の修練も弱っています。

アトピーの入浴対策

湯船に入る

  • 肩までつかる(半身浴は顔、肩、胸などにかいた汗が湿疹の悪化をまねきます。)
  • 温度は自分の好みで(ぬるいお湯は痒みを誘発します。)
  • 入浴剤にこだわるより、水の塩素を軽減することにこだわって下さい。(入浴剤は無添加のものを)
  • 皮膚がふやけてこすると垢のように剥けてきますが、無理に剥がすと火傷のような状態になりますので絶対にやめて下さい。
  • 湯船につかる → 冷水を浴びる を繰り返し毛穴の修練をして下さい。

洗う

  • 基本的に石鹸は使わなくていいです。
  • オイルや薬を使っている場合は無添加石鹸をよく泡立てて、手でやさしく洗って下さい。
  • シャンプーは無添加シャンプーを使い、膝と膝の中に頭を深く入れて洗ってください。(シャンプーが背中に流れるのを避けて下さい。)
  • シャワーの温度は自分のお好みで(熱いお湯をかけると気持ちがいいです。)

お風呂上り

  • お風呂上りに冷水シャワーを浴びて下さい。(体の火照りを抑え、上がったあとの痒みを軽減できます。)
  • 汗ばむと痒みを誘発しますので扇風機やドライヤーの冷風を使って体の火照りをとって下さい。
  • 水分が蒸発する3分以内にサラヴィオ美容液やオイルを塗ると効果的です。
 
 

アトピーで悩んでいる友達にも教えてあげてね♪


 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.