アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

衣服の素材で気をつけたい点

  • HOME »
  • 衣服の素材で気をつけたい点

衣服の素材で気をつけたい点

衣服、特に肌着で特に注意が必要なのは 化学繊維は身につけないという事と、洗濯洗剤に含有される合成化学薬品です。
これはアトピーに限る話ではなく、乾燥肌・敏感肌、汗疹(あせも)ができやすい人も同じ注意が必要です。

皮膚に化学繊維が摩擦されると、その部分が赤くなったり発疹がでたりします。

また、汗疹(あせも)ができやすい人は化学繊維のものを身につけていると余計に発疹がでます。
身につけるもの、特に直接肌に着ける肌着は綿100%麻100%等の天然素材にし、可能であれば農薬や化学薬品を使わないで育てられた綿花で作るオーガニックコットン100%の肌着が望ましいです。

衣服を洗濯する

せっかく肌に害のないものを身につけていても、化学物質たっぷりの洗濯洗剤や柔軟材で洗濯していては全く意味がありません。

昨今、ようやく洗剤メーカーが「無添加」ということに着目し始め、蛍光剤や界面活性剤を極力入れない洗濯洗剤が出回るようになりました。
界面活性剤や蛍光剤、漂白剤などが入った洗剤や柔軟材は、確かに洗濯時間の軽減や洗い上がりの香りの良さはありますが、これらはアトピーの天敵となります。

実は、アトピーでなくても、洗剤を変えたら汗疹(あせも)が軽くなった、洗剤をやめたら湿疹がでなくなった、と言う方が大変多く、それら化学物質による皮膚への影響はどれだけ強いかを思い知らされます。

そして、汗疹(あせも)がひどいから、湿疹がひどいからとステロイドなどの薬を使って抑えている人は、こうしてステロイドに依存した皮膚へと変わっていき、知らず知らずのうちにアトピーと診断されるケースが多いのです。

ですから、汗疹(あせも)、湿疹、かゆみで悩んでいる場合、薬に頼る前に肌着を変えたり、洗剤を変えたり、シャワーヘッドを変えたりして、まずは対策を進めることが大切で、薬害や二次被害を未然に防ぐ策だと言えるのです。

アトピーの肌は敏感肌という言い方では足りないくらい刺激に敏感ですから、化学物質無添加の洗濯用石鹸や、洗剤を使わなくても洗濯ができる術を試してみて下さい。

寝具やタオルにも気は抜けません

アトピーの身の回りはどうしても不潔になります。

落屑(らくせつ)やカサカサが酷い時は黒い服が着れないほど死んだ皮膚が剥がれ落ちますし、浸出液(汁)がでている時は衣服や寝具を汚してしまい、毎日洗濯しても足りないくらいです。
アレルゲン検査をしてダニと出る人は多いと思いますが、実はこのダニは落屑(らくせつ)や乾いた浸出液(汁)が大好物です。

ですから落屑(らくせつ)がひどい時に掃除機やコロコロを怠ったりすると、アトピーの天敵であろうダニを寄せ付ける結果になり、アトピーが治りづらい、悪化する、という悪循環に見舞われます。
アトピー対策として後回しにされやすい物ですが、ダニをよせつけない加工がされた寝具や、浸出液(汁)が出ている間はオーガニックコットンのタオルなどをシーツ代わりに使うなどの対策が大切です。

もちろん、寝具やタオルも洗濯の際は、洗剤に気を配ってみてください。

 
 

アトピーで悩んでいる友達にも教えてあげてね♪


 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.