アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

漢方療法

  • HOME »
  • 漢方療法

漢方療法

生薬の効能で自己再生力や代謝を高め、アトピーを治癒に導くのが漢方療法です。
ステロイド外用薬と合わせて漢方の内服を処方する医師も増えています。

一言に「漢方」と言ってもここに書ききれないくらいの種類と効能がありますし、アトピーにも色々な症状やタイプがありますから、その診たてと処方がかなり大切になってきます。

アトピーの段階よりもさらに細分化したアトピー症状に合わせて漢方を飲み分けるのが最も効果が期待できる漢方療法だと言う専門医もいます。

例えば、段階的には強い乾燥の時期だとしても、今日は赤みが強い、かゆみが強い、熱をもっている、などの症状に合わせて飲む漢方を変えるという事です。
ちょっと面倒で驚く薬の飲み方ですが、言われてみるとアトピーの症状は日々違うことが多々あります。

通常の病院ではそんな細分化した症状に合わせた処方は滅多にされませんが、漢方医や漢方を専門とする薬剤師がいる薬局などではこういった投薬が成されており、中国の本場の医学では当然の事とされています。

漢方処方は皮膚表面の状態だけでなく内臓の働きや分泌系の働きを整えるものも合わせて処方する事が多いですが、漢方医や薬剤師の考えによって処方される漢方は違います。
ですから患者ごとに薬の内容は異なりますし、例え同じ内容でも含有量が違ったりする事は当然なのです。

安易に市販の漢方薬などを素人判断で飲むのではなく、漢方医の診立てで自分のアトピー症状に合った漢方を飲む事がアトピー治癒への近道となるだけでなく、体にも経済的にも負担が軽減できる適切な飲み方です。

中国の生薬の知識をそのまま療法に活かした本場中国の漢方と、日本独自の(厚労省が定めた「無難」な)和漢方は違います。 もし、本格的に漢方療法を進めるのであれば、本場の漢方医に処方してもらい3ヶ月以上は続けた方が良いです。

 

このページを読んだ人はこのページも読んでいます

 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.