アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

脱ステロイド

  • HOME »
  • 脱ステロイド

脱ステロイド・減ステロイド

突発的にアトピーを患った方以外、ほとんどの方がステロイド外用薬プロトピック軟膏による対処療法を行なっていると思います。これをアトピー性皮膚炎の治療だと信じ、思い込んでいる人が多いのが現状です。

塗っても治らないのがだんだん解ってきてはいるものの、塗らないと湿疹が抑制できないのでついつい薬に手が出てしまう。
これがアトピー性皮膚炎の難治化を誘発し、ステロイド(プロトピック)依存の皮膚を作り出してしまう、まさにステロイドの不適切な使い方の代表的な例です。
最悪な場合にはステロイド皮膚炎(ステロイド皮膚症)をも発症します。

こういった理由から、薬に頼らない治療法を探し回っている患者さんは大勢います。
ですからどんな治療法を試すにも、まずはステロイドやプロトピックの依存を取り除くことが大切になってくるのです。

アトピー患者にとって脱ステロイドや脱プロトピックはとても辛い闘病です。
(以後、脱ステロイドと脱プロトピックを総称して、「脱ステ」と言います。)

長期間ステロイドやプロトピックで汚染された皮膚は離脱作用が強くでます。
ステロイドやプロトピックの離脱作用は、それらによる副作用が表面化してくる事が多いですが、実際にステロイドやプロトピックを処方していた医師は副作用と認めず「アトピーの悪化」と方付けてしまうケースが多いのです。

中でもステロイド皮膚炎(ステロイド皮膚症)の脱ステは特別で、顔がパンパンに腫れあがり、赤く熱をもって黄色い汁(浸出液、リンパ液と言われる物)が絶えず出続けます。

よく知られているのが顔が赤く腫れあがるムーンフェイスです。
顔や体全体が赤黒くなり、にきびなどの感染症を起こす可能性も高くなります。
腫れた皮膚は強張り痛く、痒みも強く、人相は変わり、まさに生き地獄のような闘病を強いられます。
それでも成す術もなく、ただただ時が過ぎるのを待つしかない、というのが現状の脱ステです。

それほど強い離脱作用が出ない場合でも、赤み、かゆみなどは通常のアトピーよりも強く出て、何よりアトピーは出放題な状態になりますから湿疹が治らず掻き壊しますし、掻き壊しが重なって悪循環を起こします。

脱ステロイドの種類

  1. 使っていたステロイドをいっきに止める (脱ステロイド)
  2. 非ステロイドの軟膏等で緩和しながらいっきに止める (脱ステロイド)
  3. ステロイドの使用量や含有量を減らしながら止める (減ステロイド)

アトピーの治療の第一歩である脱ステロイドには、大きく分ければこの3つの方法です。

どれにせよ辛い物に変わりはありませんし、どれが一番良いともいえません。
最寄に脱ステ医がいるならば相談するに越したことはないでしょうし、そうでないなら自分なりに情報を集めて試みるしかありません。
いづれの方法にせよ、ステロイドの知識だけは、詳しく覚えておかなければなりません。

脱ステロイドの緩和

基本的には化学薬品は使わずに、サラヴィオ美容液温泉療法漢方療法等の自然治癒療法を取り入れる場合が多く、それと合わせて生活スタイルの改善や食生活の改善を試み「体質改善」を図るのが多いです。

離脱作用がかなり強く出るのは脱ステ開始から3ヶ月の間です。
その間はアトピーの全ての症状が強くでますので、皮膚の炎症を食い止める何かをつけたくなったり、あまりの辛さでステロイドを使用してしまったりとつまづきますが、自然治癒療法を併用することによって、少しずつ薬の使用量が減っていったり、つけなくても大丈夫な日があったりと、月日が経つにつれ何らかの善くなる兆しがでてきますので、焦らずじっくり腰を据えて向き合う事が大切です。

脱ステロイドのリスク

ステロイドを長期間使用していると強制的に副腎皮質ホルモンを摂取した状態になりますから、正常な副腎による分泌が不全となり、それを治療する内科的治療が必要になります。

しかし、残念ながら○○○の薬を飲めば善くなるという確固たる物は日本には無く、現状では生活スタイルや食生活を改善しつつ副腎機能の改善を待つ、というのが目下のところのようです。
ムーンフェイスや皮膚表面の辛さの他にも、倦怠感やうつ病に似た気落ち感なども伴う場合が多いのでどうしても向精神薬やサプリメント等に頼ってしまいがちですが、自分の将来をしっかり見据え気をしっかりもって脱ステに励むことが大切です。

 

このページを読んだ人はこのページも読んでいます

 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.