アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

汁が出る時期

  • HOME »
  • 汁が出る時期

汁が出る時期

アトピーの汁とは、浸出液(しんしゅつえき)リンパ液とも呼ばれ、炎症が起きた際に出る分泌液です。「膿」と間違えやすいですが、膿は多少粘度があり濁ったもので、浸出液は比較的透明です。ステロイドの影響が強い浸出液は黄色い場合があります。

アトピーの汁(浸出液)の出方と傾向

汁は炎症を起こしている皮膚を治すためにでているので、それを止めようとするのは治癒を遅らせてしまいます。ですから辛いですが、汁は出るだけ出し切る、そう対処するのが治癒への近道です。

アトピーの汁は強いかゆみや火照り、腫れや皮膚の強張りなどが伴い、じっとしているだけでも辛いという状況になります。 体全体をアトピーで被われ重症アトピーの場合は、 動くこともままならないというのも大げさではありません。

  1. 乾燥してひび割れた傷からじゅくじゅくと汁がでる。
  2. 赤く腫れあがった皮膚のどこからとなく汁がでる。
  3. とてもかゆい水疱が出て、それがやぶれて汁がでる。

人によってそれぞれ、又、部位によってそれぞれありますが、1と2はステロイドの離脱作用に多くみられる症状です。
3は手指に多くみられる症状で、中には「汗疱(かんぽう)」や「主婦湿疹」などと診断されるケースもあります。

ステロイドを離脱(脱ステロイド)する際、汁は容赦なく出ます。
その際に出る汁は黄色みがかっていて、中には異臭がする場合がありますが、そう強いものではありません。汁自体は出て悪い物ではなく、人間の正常な免疫反応のひとつです。

ステロイドプロトピックでアトピーを抑制していた場合、それらを断つと一気にアトピー症状が現れて汁が出るケースが非常に多いです。
一見「アトピーの悪化」と見られますがそうではありません。ただ単に抑制していたアトピーが表面化したのであって、それを治そうと汁が出ているにすぎません。

浸出液は早い方で1ヶ月、長い方で半年以上もの間出続けますが、いづれ必ず止まります。
そして次への段階「強い乾燥の時期」へと移行します。

 

サラヴィオ美容液

サラヴィオ美容液


汁が出る時期に助けられたのがこの「サラヴィオ美容液」。使い初めはものすごく突っ張りましたが、汁が出たらこの美容液でふきとったり、パックをしてなんとか誤魔化していました。とても化粧品とは思えないような力を発揮してくれた美容液です。お試し1000円で買えますので、ぜひぜひ使ってみてください!

 

汁が出る時期の写真

アトピーの汁(浸出液) 腹部

体全体がアトピーで被われた重症アトピー。赤い発疹のうち光って見える部分から汁が出ている。

アトピーの汁(浸出液)腰部

下着の化学繊維(ゴム)があたる部分から汁が出ている。

アトピーの汁(浸出液)指

水疱から汁が出て、その後乾燥しひび割れるケース。

アトピーの汁(浸出液)唇

縦にひび割れが生じ、そこから汁が出ている。

 
 
 

アトピーで悩んでいる友達にも教えてあげてね♪


 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.