アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです

今すぐ始められる3つのアトピー予防法

  • HOME »
  • 今すぐ始められる3つのアトピー予防法

今すぐ始められる3つのアトピー予防法

もともとアトピー性皮膚炎でなくても、乾燥や紫外線、花粉などの刺激に敏感な肌質は、肌荒れを起こすと長引くことが多いです。

肌が健康な方は、肌の美容やアンチエイジングに対する関心度は高いですが、肌の健康維持に対する関心度はそれほど高くないのではないでしょうか。

肌が健康な方でも、例えば、夏のバカンスで紫外線対策に失敗し「顔が日焼けしちゃってヒリヒリする!」なんて体験はないですか?こうなると、美容より先に「健康」に対する意識が高まりますよね。

  • アレルギーが肌に出やすい
  • アトピーだけど今は落ち着いている

こういった肌質の方は、「もう二度とあんな辛い思いしたくない」という気持ちが大きいですから、普段からアトピーの予防を意識した生活をおくっています。

アトピーペディアのライターが実践している、健康肌を維持する今すぐ始められるアトピー予防法をご紹介します。

 

1、刺激の少ない「化粧水」選び

肌荒れの起因ナンバーワンでもある化粧品の中で、洗顔後一番最初につける化粧水は、原料抽出の段階から何を用いられているかを知ることが大切です。

たとえ「無添加」と表示されていても、パラベンと合成香料だけが無添加で、防腐剤やアルコールが添加されている化粧水もあります。化粧水選びはキャリーオーバー成分まで調べて使うようにしましょう。

アトピーの予防には乳酸菌発酵菌などの天然素材で原料抽出をしている化粧水がおすすめです。

刺激の少ない「化粧水」選び
 

毎日1リットルの「水」を飲みましょう

肌の乾燥が強いと、ついつい乳液やクリームなどの保湿剤に頼りがちですが、体の中からも十分な水分補給が必要です。
1リットルと聞くと「そんなに?」と感じますが、自動販売機で買える500mLのミネラルウォーター2本と考えると、そほどたいへんなことではありません。

水分補給と言っても何でも良いわけではありません。
麦茶やルイボスティなどのノンカフェインのお茶は体に良い作用はありますが、利尿作用で尿となって体から早く排泄されてしまいます。

スポーツ飲料は素早く体に水分を補給する利点はありますが、栄養価が高いので、カロリー制限をしている方には不向きです。

アトピーの予防として、肌まで十分に水分を届け維持するには、「水(白湯)」が一番です。

毎日1リットルの「水」を飲みましょう
 

3、胃腸に負担をかけない

「肌は腸の表れ」と昔から言われるように、胃腸へ負担をかける食生活をしないことが大切です。

暴飲暴食が続く、食事の時間が毎日違う、バランスが悪いなどは誰にでもあることで、社会生活上やむを得ないこともありますが、例えば、飲み会の次の日は消化の良いおかゆを夕食にするなど、気を配ることは意外と簡単です。

アトピー予防の「食生活」を続けるコツ

「栄養バランスの良い食事って理想的すぎて現実味がない」と感じる方は、3日間の夕食でバランスを整えることを心がけてみてください。

1日目 魚と野菜
2日目 肉と野菜
3日目 根菜類中心

煮たり焼いたりが難しい方は、具たくさんの「鍋」を3日に一度食べるのがおすすめです。

この3つの方法は「アトピーの予防」だけでなく、今アトピーを患っている方にも効果的な対策ですので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

胃腸に負担をかけない食事
 
 

アンケートにご協力いただきたいですm(_ _)m

vol.1 アトピーの「かゆみ」をどのように止めていますか?
 
 

アトピーペディア セレクション♪

 
 
 
 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
管理人の体験談が取材されました!
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © アトピーペディア All Rights Reserved.